ブログ

2024/04/12 11:40

皆さんこんにちは!

Bord du lacです🌞


本日4月12日は「世界宇宙飛行の日」!!
かの有名な「ユーリ・ガガーリン」が人類で初めて宇宙飛行を成し遂げた日です🚀



さっそくちょっと脱線するんですが、ガガーリンの「地球は青かった」と言う言葉、実は本人は言ってないらしいです!笑
本当に言った言葉は、「空は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた。」と言ったそうです
今となっては当たり前に宇宙から見た地球の姿や宇宙の暗さがわかりますが、当時はもちろんガガーリンが初めての有人飛行を成し遂げたのでそれまで地球や宇宙の色を知りませんでした。そう考えるとこの言葉も深く感じますよね~~


さて話を戻して、今回のテーマはせっかくの宇宙に関する記念日なので、宇宙のBlog!


「最新の人工衛星に使われているソーラーパネルは布!?」です!



そんなわけないやろ!!!と突っ込まれそうですが、ほんとなんですよ!!
⬇️その証拠がこちら⬇️

出典:https://www.jaxa.jp/projects/sas/ikaros/index_j.html


またエヴァに出てくるヤツやん!!!!!!
このでっかいハンカチみたいなヤツの名前は「ソーラーセイル」日本語に訳すと「太陽帆」となります


帆と名前が付いている通り、ロケットに乗せて打ち上げた後、宇宙に到達するとバサッと船の帆のように広がることからこう名付けられました!
ではわざわざこの帆の形にすることでどんなメリットがあるのか、JAXAが提唱しているのは


〈その1〉
・燃料を必要とせずに宇宙空間を航行できる
〈その2〉
・長期間の航行が可能になる
〈その3〉
・360°どんな方向にも転換できる



この3つらしいです!
確かに今までのソーラーパネルだとできないことばかりですね!
このソーラーセイル自体の研究は実は2000年頃から始まっていて、2010年5月21日にJAXAが「イカロス」と言うソーラーセイルを用いた人工衛星を打ち上げています!(イカロスは結構聞いた事ある人多いかも)


そして実はこのソーラーセイル、ソーラーと名前が付いていますが、太陽光で発電して進むわけではないんです!
え!?じゃあどうやって進むの!
確かに「太陽光」では進むのですが、正確には「太陽光の光の反発」で進むと言うのが正しいらしいです!
これを説明するとなると物理学とか宇宙工学を専攻してないと訳わからんらしいので「太陽光の光の反発」とだけお伝えしておきます!笑
僕も文系なのでさっっっぱりわかりません!!!!!🙃


と言う事で今回は「最新の人工衛星に使われているソーラーパネルは布!?」でした!!


それでは皆さんまた来週👋