ブログ

2024/04/03 11:47

皆さんこんにちは!

Bord du lacです🌞

突然ですが皆さん、ポータブル電源をいざ導入しよう!購入しよう!と考えた時に不安になる部分はありますか?
価格の不安ももちろんあると思いますが、ポータブル電源初心者の方が一番心配になるのはズバリ

「容量」

だと思います

「このくらいの容量だと、大体どの家電が何時間動かせるんだろう…?」
「スマホやノートパソコンを複数個充電するにはどれがちょうどいいの?」と言ったお悩みが付き物だと思います

今回のBlogはそんなお悩みを解決できる糸口になるBlogです!

では具体的な例で見てみましょう

一般的な家電・デバイスの消費電力

スマホ:5~30W
ノートパソコン:7~65W
電気毛布:50~80W
扇風機:10~50W
電子レンジ:1300W
炊飯器:350~1200W
冷蔵庫:150~500W
ドライヤー:600~1200W
洗濯機:500~900W


各家電・デバイスの消費電力はこんな感じ!
ここで当店で取り扱っているBougeRVの各ポータブル電源の容量を見てみましょう

JuiceGO:240Wh
Flash300:286Wh
Rover2000:2008Wh
Fort1000:1120Wh
Fort1500:1456Wh
車載冷蔵庫専用ポータブルバッテリー:220Wh


ここでワンポイント!
「W」「Wh」ってどう違うの?となるかもですが、
「Wh」は1時間あたりに使用できる電力のことで、
例えばポータブル電源の容量が1000Whで家電の消費電力が1000Wだった場合は1時間その家電を使う事ができます!
案外計算は簡単です👍

となると...単純計算でFort1000であれば、洗濯機が1時間とちょっと動かせる計算になります!
ポータブル電源で洗濯機を動かせるのは普通にすごくないですか…?

ここでさらにワンポイント!!
ポータブル電源の容量で各家電とデバイスを”動かす”ことは出来るんですが、家電やデバイスには起動時はWh数が全然違う!なんてこともしばしばあります…(ほとんどの家電の起動時のWh数は消費時のWh数よりも高いです)
そこで皆さんにポータブル電源を購入する際見て頂きたいのが、「定格出力」「最大出力」
家電やデバイスの起動時に必要な電力は大抵消費電力よりも高いのでポータブル電源の「最大出力」が家電やデバイスの最大消費電力よりも高いものを選びましょう!

以上がポータブル電源を選ぶ際の「容量」の見方でした!
このポータブル電源の選び方のコツは皆さんのお役に絶対立てるシリーズだと思うので随時シリーズ化していきます!!
明日のテーマは「ポータブル電源の選び方のコツ②⚡」出力ポートと入力ポートのお話です!

⬇️各ポータブル電源の詳細はこちらから!⬇️