ブログ

2024/03/22 13:36

皆さんこんにちは!

Bord du lacです🌞

今回はまたまた豆知識シリーズ!
完全に味を占めてます笑

今回は近い将来のお話🛰️

「宇宙太陽光発電システム」のお話です!


「宇宙太陽光発電システム」とは!!!
皆さん一度は思ったことがあるはず「宇宙に太陽光パネルを置けば、ずっと発電できるし、効率めちゃくちゃ良くなるのでは!」と…
「宇宙太陽光発電システム」はその理想を現実にしちゃおう!と言ったJAXAの取り組みになります

じゃあ具体的にどんな装置を宇宙に設置するのか
宇宙空間には巨大な太陽電池とマイクロ波送電アンテナを設置し、地上にはマイクロ波を受信するためのアンテナを設置し、電力に変換すると言ったもの!

出典:JAXA(https://www.kenkai.jaxa.jp/research/ssps/ssps-ssps.html)

「あれ?太陽光じゃないの?」と思った方もいらっしゃるでしょう!
もちろん太陽光を使って発電するのですが、地球にその発電したエネルギーを送信する際には「マイクロ波」に変換して送信するんです!
効率の観点や変換の手間を考えると宇宙である程度の作業をしてしまって、地球にはエネルギーを送ってあとは使うだけ!の方が楽ですもんね😉

ではここで「宇宙太陽光発電システム」を導入するとどんな利点があるのかを見ていきましょう!

利点その1:24時間365日発電できる。
これは想像に容易いと思います!地球のように夜が訪れる事が宇宙ではないので、常に安定して発電が可能です

利点その2:自然災害の影響を受けない
これはかなり大きな利点だと思います!地球だと災害が起こると発電システムがダウンして電気が使えなかったりしますが、宇宙太陽光発電システムなら全く気にする事無く電気を発電できるし、使えます!

利点その3:Co2が排出されない
地球温暖化を阻止できるかもしれない策ですね!何かを燃焼して発電したりももちろんしないので一番エコな発電方法となる気がします!

さてここまで利点をいくつかピックアップしてきましたが、もちろん利点だけではありません
課題ももちろんあります

課題その1:大規模なソーラーシステムをどうやって宇宙まで持っていくのか
今は民間企業のロケットも頻繁に打ち上げられていますが、それで補っても確実に足りない量のシステムと部品をどのように宇宙に持っていくのかが課題です

課題のその2:マイクロ波が地上の電波や人体、自然に影響が無いようにしなければいけない
マイクロ波は要は電子レンジの波数と同じものなので、何も考えずにそのまま地球に送っちゃうと地上が大惨事になってしまいます...

課題その3:宇宙空間でのアクシデントやその他補修をどうするのか
宇宙空間、特に地球周辺には今様々なスペースデブリ(宇宙ゴミ)が散乱しています。もし仮にそのデブリがパネルに当たってしまうと大破間違いなしです…
そしてその大破した際の応急処置や日頃の通常メンテナンスなど、維持管理に関する課題もまだ残されています

以上が今開発と研究がなされている「宇宙太陽光発電システム」🌏🛰️🌞
今上記で上げた課題も絶対に解決できない問題ではありません!
今後技術の発展次第で大幅に解決に向かう可能性も十分にあり得ます
これからこの研究がどのような展開になって行くのか非常に楽しみですね!