ブログ

2024/03/21 11:19

皆さんこんにちは!

Bord du lacです🌞

今回のBlogは前回の続きでさらに深堀した内容です!

テーマは「熱に強いソーラーパネル(素材)と冷却システム」です!



では「熱に強いソーラーパネル(素材)」から!

熱に強いソーラーパネル(素材)は大きく分けて2つに分類されます

まず1つ目が「CIGS」素材
この素材は実は以前のBlogでもご紹介したので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません!
この素材の特徴はEVA素材と言うゴムに似たような素材と、ETFEと言う強化ガラスと似たような素材を
組み合わせて使用している複合素材になります!

衝撃にも強くて、耐水性・防塵性もあるかなり優秀な素材で、さらに通常のソーラーパネルで起こりやすい
「ホットスポット現象」と言う、一部が影になってしまうとその部分の発電セルの電気抵抗が大きくなってしまい最悪発火してしまう現象があるのですが、これがCIGS素材になると起こらなくなります!
熱にも強い🔥最強です👍

2つ目が「アモルファス」
これは実は素材じゃなくて、分子結合の状態を指す言葉なんです!
なんのこっちゃ???と言う方にわかりやすい例を出しますね!

出典:神奈川大学工学部機械工学科寺島研究室(http://www.mech.kanagawa-u.ac.jp/lab/terajima_lab/research.html)

この図を見てもらえれば違いが一目瞭然だと思います!
端的に言っちゃうと水や金属などは規則正しい結晶の分子構造なのですが、
アモルファスはテキト~にバラバラな分子構造になっていると言った感じです!笑

じゃあこれがなんで熱に強いのか、これはアモルファスの性質が超伝導性、つまりめちゃ電気を通しやすい構造(電気抵抗がゼロに近くなる)になっている為、パネルで吸収した太陽光のエネルギーをそのまま無駄なく他のエネルギーに変換することができる事ができます!
と言う事は、普通のソーラーパネルだとエネルギーとその他のいらない熱も生み出していたのがエネルギーだけになるので熱くならない!!と言った具合になるわけです!
素晴らしい…⚡

以上が「熱に強いソーラーパネル(素材)」でした!

ではお次は「冷却システム」
そもそもどうやって冷却するの??パソコンは水冷式とかあるけど...となる方もいらっしゃると思います
実は結構原始的で、ソーラーパネルにスプリンクラーで水をかける!!!!!
これなんです笑
自分も調べた際に「原始的...」とつぶやいてしましました😂
ちなみにこんな感じ...

出典:INAX(https://inax.lixil.co.jp/company/news/2011/060_eco_0325_782.html)

この冷却システムの場合は裏に保水するための素材が貼られており、そこに散水する形になっているのですが、結局は水をかけて冷やします笑

以上が「冷却システム」です!!

今の太陽光パネルは熱に対してかなりに工夫をされていて、今後技術の発展でさらにこの素材だったり、冷却システムは進化すると思います!楽しみですね~😉